会社が倒産する時こそ、成長の時である。

   

ある社長が、「会社をつぶして学んだこと」を話してくれた。

元記事→books&Apps

この記事に関して

◆社員は毎月給料がもらえることをあたりまえだと思っているけど、顧客は毎月お金を払うことをあたりまえだと思っていない。
◆経営者になって、ほとんどお金のことしか考えられなくなっちまったんだ。
◆大きなビジネスを描くには、まず安定収入が必要

想像と実体験は全然違う。記事に書いてあることは想像範囲であるが、会社が潰れる時、何を感じ体感するか、それは本人次第である。終わりは始まりである。理解はできてるの失敗してしまうのは、体感できないからだと思う。
お金の工面はマジで大変。社長を見ていれば分かる。月々の安定した収入をどれだけ作れるかがほんとに継続の鍵だ。製造業で言われている多品種少量生産っていうリスク回避とか、小さくても安定した収入の積み重ねが継続を生むんだなと思う。

 - 仕事術