見るまえに跳べ

      2015/04/09

見るまえに飛べ W.H.オーデン

危険の感覚は無くしちゃいけない
ココから見て、たとえ緩やかに見えても
行く道は険しくそそり立ってるんだ
見たけりゃ見てみればいい。ただ、どのみちお前は跳ばなきゃならない

たとえば、オーデンの詩

たとえば、大江健三郎の小説

見るまえに跳べばいい
どうせ跳ぶのなら

元記事⇒成功する人は「準備が整った」と思う前に始める

失敗したら、そいつを殺せ。良いものはどんどんやれ!裏切る奴は火炙りにすればいい。自分の道で邪魔な奴が居たら刺して殺せ。私が正しいと思った道が正しいのだ。
わしは準備が整ってから勝負したがな。成功者の全員が準備が整う前にやることはない。自分が思うやり方でいいと思うがな。ただわしの場合は準備を整えるのに時間がかかりすぎて天下とったあとは寿命が殆ど残ってなかったのがここの残りじゃ。もっと酒池肉林したかった。ただひとつ言えるのはチャンスを逃さないように常にその時の最善の準備をすることは大事じゃ。
見るまえに跳べってのは、準備をするふりをして、永遠に準備のための心の準備を続ける俺のようなもんには永遠の心の標語やわ。。

 - 商用可能